« 眞鍋さんが生み出す歴史と文化 | トップページ | やっぱり伊達じゃない眞鍋流 »

2008年9月10日 (水)

その気になればモアビューティ

影が長く延びて、秋が身近に感じられるようになって来た。

夏冬の日照時間が逆だったら、さぞかし過ごしかろう、などと思う。

そうではないからこそ冬は冬であり、夏は夏なのだが。

 

週4の生放送にドラマ撮影、オリンピック取材と、

日差し以上に過酷な日程をこなしながら、

素晴らしい結果を残した眞鍋さん。

ブログを見る限り、

少しの余裕を貰った様な気がしないでもないが ・ ・ ・ 

どうなのだろう。

 

ほっとした事に、

ここ最近(4月以降)、疲労が極端に顔に表れる事がない。

酸素カプセルか、はたまたスプーンマッサージが効いたか。

昨年の様に、恐怖の年末前に体調を崩さないよう、

今の調子を維持して欲しい。

 

眞鍋さんに目が眩んで番組内容を覚えていなかった         「おもいっきりイイ!!テレビ」。

気を取り直して見直してみると、

やはり目が眩んだ。

これではイカンと三回目を見て、何とか内容を把握できた。

みのさんのアドリブに合わせながら、アンガ・田中君にボケ代を的確に振り、かつ時間内にきちんとまとめる。

敬語も全く気にならず、眞鍋さん、見事な回しっぷりだ。

 

ただ、あの立ち姿勢(やはり、そっちに話が戻る)、

眞鍋さん自身は、普段と全く同じだったのだろう。

ゆったり目のワンピより、ウエストを絞ったチュニックの方が、

S字ポーズのしなやかなラインが際立ったのだと思う。

 

だが、同時に、眞鍋さんの立ち姿勢が、

ここ一、二ヶ月の間に目覚しく美しくなったのも疑いのないところ。

それは「メガスポ」でも同じ。

足元に手持ち無沙汰な様子がなくなり、

決めるべきところはきちっと決める落ち着きが出てきた。

脚線美人の自覚に目覚めてくれたものと、(心から)信じたい。

 

10年目のタレントさんとしては珍しく、

眞鍋さんには、もっと美しくなる余地がもっともっと残っている。

その気にさえなれば。

だから今日も、モアビューティに!

 

|

« 眞鍋さんが生み出す歴史と文化 | トップページ | やっぱり伊達じゃない眞鍋流 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その気になればモアビューティ:

« 眞鍋さんが生み出す歴史と文化 | トップページ | やっぱり伊達じゃない眞鍋流 »