« 「メガミ」が二人揃って華やかに | トップページ | 眞鍋さんが切り拓く地平 »

2008年8月24日 (日)

眞鍋さんの大人な盛り上げ方

眞鍋さん、眞鍋カラーのバイオレット・ワンピでクイズ番組に登場   (平成教育委員会)。

最近の眞鍋さんらしく、

癒しの眞鍋スマイルもふんだんに見せてくれた。

成績は2番目だったけど、

社会人が入試問題に強くてもしょうがない。

 

入試問題なんてものは、出題者自身だって、全科目全問正解なんて出来ないもの。

大人になる前のある段階で、人生の岐路を定める選択肢。

大学の専攻を決めたところで、ほぼ縁は切れる。

その後の学問研究や社会生活で深まるものもあれば、        縁遠くなるのもある。

それが当たり前。

 

ただ、ロザンの宇治原君の様に、芸の一環としてクイズに賭けるのは分かるが、

現役大学生が、受験レベルの勉強を頑張ってどうするんだ?

大学の学問ならいざ知らず、大学以前の事ではないか。

最近、あぁゆうのが流行ってるらしいが、

大学の学問を受験勉強の延長みたいに受け取られるのは      困りものである。

 

そこは、社会人として実績のある眞鍋さん。

「知らん」と、思ったら面白回答も交えつつ、

しかし、おちゃらけではなく真剣に、

時に大きなリアクションで番組を盛り上げる。

これが大人のお仕事。

 

その一方、

「分かってからボタンを押してください」との当たり前の説明に、   一人「ハーイ」と答える素直さや、                    体裁を忘れたかのような没入顔は、

飾りのない眞鍋さんならでは。

 

でも、常に一歩引いたところで止まるのも、なんか眞鍋さんらしい。

極端な色をつけなくても、時に面白く、時に賢く、時にはしっとりと、

あらゆる場面で力を発揮出来るのが眞鍋さんの強みだから。

 

|

« 「メガミ」が二人揃って華やかに | トップページ | 眞鍋さんが切り拓く地平 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、芸能界は学歴全盛期なのでしょうか?

 アイドルなのに高学歴 は眞鍋さんがひいたレールなのかもしれませんが、あくまで眞鍋さんの高学歴は人に印象付けるきっかけ(これだけでも十分な効果)であって、
 人間力とか、社会人力が成功している魅力だと思っています。

 多分、5年ぐらい前だと思いますが、深夜の番組で
「日本のいいところはどこ?」 という問いに 

 「心に敵がいないこと」
(生まれて、教育される中で憎しむように教育される対象がなく、心が平穏である事)

 のような事を応えて以来、私は眞鍋さんの人間力に魅力を感じています。

投稿: firstheart | 2008年8月25日 (月) 00:00

おっしゃるとおりだと思います。

眞鍋さんの最大の魅力は「人」。自分から高学歴を売りにした事はないので、学歴だけでは「後釜」にもライバルにもなりません。

投稿: KenNagara | 2008年8月25日 (月) 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さんの大人な盛り上げ方:

« 「メガミ」が二人揃って華やかに | トップページ | 眞鍋さんが切り拓く地平 »