« それぞれの風景~私にとっての眞鍋かをりさん | トップページ | 不安材料その2 »

2008年6月24日 (火)

何故か不安

昨日来、不可解な不安感に襲われている。

身体的には、ある意味順調に衰えが進んでいて予想通り。合併症はむしろ良い方に向かっているから、新たな不安要素は加わっていない。

自分以外、と言えば、第一に眞鍋かをりさんだが ・ ・ ・ これといって不安要因は見当たらない。全くない訳ではないが、いつぞやの様に、潰瘍をこじらせて入院しなければならないほどの心配事ではない。

よく分からない。

身体が不自由だと、何をするにも時間がかかるので、一日家にいても驚くほど時間が足りない。

だが、タイピングだけは、多少右の指が動き辛くはなっているものの、まだ健在だ。10年前、冷やかしで受けたワープロ検定(2級)を余裕で通過した時ほどではないけれど。

では、社会不安、生活不安?

私の様な者は格差社会の邪魔者だから、弱者切捨ての波に飲まれる可能性は高い。無料だったものが次々と有料化されているのは事実だ。

だが、健康であるが故に保護が受けられず、働けど働けど、「健康で文化的な最低限の生活」が保障されない人々に比べればましである。

「交通ルールを忘れた」眞鍋さんは、もうバイクには乗っていないが、私の知人はバイクを盗まれた。

社会不安が治安の悪化を生んでいる。

個人の暴走にとどまっている内は(それも悲惨だが)、まだ局地的被害で済むが、それが一つの塊となったら ・ ・ ・ 歴史は繰り返されるのか?

|

« それぞれの風景~私にとっての眞鍋かをりさん | トップページ | 不安材料その2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か不安:

« それぞれの風景~私にとっての眞鍋かをりさん | トップページ | 不安材料その2 »