« 何故C-130なのか? | トップページ | ジストロフィーの話 »

2008年6月 1日 (日)

眞鍋さん、最高でした

いやぁ、最高でした。なにがって、5月31日の眞鍋さんだ。充実の5月を締めくくるにふさわしいお仕事ぶりに感銘ひとしお。

何しろ冒頭の11秒間からしてイイ (「メガスポ」の話)。最初の脚線アップは、ポーズといいカメラワークといい今迄で一番綺麗に決まっていたのではないだろうか。それに締めの丸笑顔 (眞鍋さんが丸顔になったかと錯覚するほど柔らかい笑顔なのでこう呼ぶことにした)。鎖と白玉の二重のネックレスに小さめのイアリングの組み合わせも必要以上に主張せず、とても上品。

たまたま「メガスポ」直前まで、去年の眞鍋さんをDVD鑑賞していたので、その違いがよく分かる。眞鍋さんは目、鼻、口、頬、えら、顎と総てが個性的なのだけれど、表情の違いを際立たせているのは口元だ。最近の眞鍋さんは口元をきゅっと引き締めているけれど、去年は尖らせていることが多かった。それだけのことなのに随分印象が違う。顔立ちまで変わったかと思わせるほどだ。

語り口もずっと落ち着いているし、自然と声のトーンも落ち着きのある声域を主に使うようになっている。なにしろキャラクター豊富な声を持っているので、適切に使い分けると、非常に効果的なのだ。

それにしてもよく準備している。細かいデータを確認する時だけ目線を落とす。そんなの当たり前だって?

それならこれはどうだ。これほど表情豊かなキャスターはまずいないぞ。政治や事件・事故ならいざ知らず、ここはメガスポ。普通とはちょっと違うニュース番組なのだ。

見事に作り上げているではないか。

|

« 何故C-130なのか? | トップページ | ジストロフィーの話 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

メガスポ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さん、最高でした:

« 何故C-130なのか? | トップページ | ジストロフィーの話 »