« 閉店ガラガラ | トップページ | 「愛国」と「愛国家」は別のもの »

2008年5月 2日 (金)

開店ガラガラ~眞鍋さんを見習って

体調悪化につきしばらく閉店 ・ ・ ・ と、思っていたけど、やっぱりシャッターを開けることにした。「とくダネ」の眞鍋さん、とてもいい顔をしていたし。勿論、いつもいい顔なんだけど、朝、昼、深夜と極端に違う時間帯に生放送のレギュラーを抱えてると、体調管理にも気を遣うはず。飯も食わずに寝ている場合ではない。私も少しは見習わなくては。

いいのは顔だけではない。選挙向けの打算に惑わされないようにしなければ ・ ・ ・ って、いいコメントもしていた。福田総理にしてみれば、「僕はまだ何もやってない。小泉さんが決めたことでしょ」と言いたいんだろうけど、小泉元首相は尻拭いを後継者に任せてさっさと辞めてしまったから、後釜の皆さんは大変だ。もっとも、だからこそ、小泉人気は今も変わらないんだけど。

「とくダネ」の眞鍋さん、どちらかと言うとおとなしかったけど、先週から変わったね。堂々としてる。先々週、聖火リレーのくだりで何か言いたげに口をパクパクさせていたのとは対照的だ。でも、ぜんぜんエラソーじゃない。「ココだけの話」と同じ様に、自分の言葉で率直に語るから素直に聞ける。びっくりするほど見栄を張らない。「俺の言うことを聞け」的なけれんみがこれっぽっちもないのだから。

元々、凄い吸収力のある人。受け入れるだけではなく、主張する側にもそれが向かえば、一味違う眞鍋さんが見られるのではないか、と勝手に想像はしていた。眞鍋さんのことだから、決して押し付けがましいものにはならなはずだ、と。

不思議なことに眞鍋さんに関する予想、と言うか予感は良く当たる。キャスター就任の予想が的中して以来、それが続いている。「眞鍋脳」に関心を抱いて6年、データ収集を始めて2年、研究開始から1年余の成果か?まっ、偶然なんだろうけどね。眞鍋さんは眞鍋さんで着実に前に歩を進めているだけだ。

ガソリン暫定税率の話題で思い出したのが眞鍋さんの愛車。CB400SuperFourはどうなったのだろう?マンションの前に停めておいたらどうかなったという話が記憶に残ってるのだが、当時は出演番組全録画をしてなかったからはっきりしない。我が愛車IrumscherRはレース用ライトチューンを施し、ドライビングライトを車体に埋め込んだスペシャルバージョンだったのだが、左足にクラッチを踏む力が無くなって手放さざるを得なくなった。本気で涙がこぼれた。どのような形にせよ、CB400が幸せであることを祈らずにはおれない。

|

« 閉店ガラガラ | トップページ | 「愛国」と「愛国家」は別のもの »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開店ガラガラ~眞鍋さんを見習って:

« 閉店ガラガラ | トップページ | 「愛国」と「愛国家」は別のもの »