« 快方に向かっている? | トップページ | Windows98さんに感謝! »

2008年5月12日 (月)

夜の瀬戸内

満艦飾のランプを煌々と照らした漁船がすぐ近くに見える。

石を投げたら届きそうだ。

そう思って足元を見回す。船の上だから、石ころなんて落ちてる訳ないか ・ ・ ・ と、思ったら

あった!

石ころではなく、コンクリートの破片だったけど。

これなら最低100メートルは投げられる。たぶん、漁船との中間あたりに着水するはず。

そう思って、思い切り助走をつけて投げた。

目の前に落ちた。

はぁ!?

距離感が狂っているのだ。見通しの悪い都会に住んでいるから。

そういえば、山頂から眺めた黒部の湖も、手近な水溜りに見えた。

フェリーの最上甲板 ( カンパンと読むのは軍艦。商船ではコウハンと呼ぶのが正しい ) 。ほとんど全員が酔っ払って、当然、私も定量のボトル三分の二をとっくに過ぎた頃、一斉にみんなが黙った。

酔っ払った目を、全員、一つの方向に向けている。

明石海峡大橋

凄い!

そして、近い!

フェリーのマストがぶつかりそうだ。

勿論、距離感が狂ってるからなんだけど。

一同、息を呑んで近づく世界最長の橋を見守る。

マストが橋の下をくぐった瞬間、なぜか拍手が沸き起こった。

おぉ ・ ・ ・  というどよめきとともに。

「横浜なんかに住んでたら、ロクな魚は食べられんだろう」と、母方の祖母が明石鯛の塩焼きを送ってくれたのが小学生の時。

「されば港の数多かれど~」 ・ ・ ・ 横浜市歌を今も歌える私には余計なおせっかいに思えたけど

旨かった!

目からうろこが百枚くらい落ちて、世界観が変わった。

我が一族は、姫路を府中とする播磨の武家。毛利に敗れて羽柴秀吉を頼った時も、この海を渡って落ちていったのかもしれない。

今でも、年に数回は鳴門海峡を眺める。

近いし

 

ネット接続の不具合で、自分のブログにもアクセスできないまま夜が明けた。

気が付いたら「ココだけの話」が更新されていた。

鎌倉プリンスホテルのインタビューでも瀬戸内の話をしていたっけ。

海でアサリだったかハマグリを採り、帰り道で畑 ( 他人の ) から葱を抜いて家に帰ると、パーマンの母が調理してくれた ・ ・ ・ って、テレビでも話してた。

でも、「おもいっきり」のリハも早いんじゃないの?

バカボン画いた人も、心配してるよ、きっと

|

« 快方に向かっている? | トップページ | Windows98さんに感謝! »

旅行・地域」カテゴリの記事

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の瀬戸内:

« 快方に向かっている? | トップページ | Windows98さんに感謝! »