« 比べる相手を間違えた~ホロヴィッツのこと | トップページ | 「元気を貰う」は本当だ »

2008年5月21日 (水)

グッジョブ!新生眞鍋さんの充実振り

たまたま体調と気分が良かったのか、それともこれがニュータイプ、新生眞鍋さんなのか ・ ・ ・ 嬉しい驚きを感じたのが「Qさま」だった。

久し振りの登場だけど、前回までの、ちょっとボサッとした眞鍋さんはそこにはいない。生気にあふれて輝いている。

ウ~ム ・ ・ 隙がない!

眞鍋さんはすっと対象に入り込み、見る間に集中が高まる。ただ、集中するあまり、外観的に色々と隙ができる。それはそれで眞鍋さんらしい素直さが感じられ、好感度大なのだけど、時に無防備過ぎるきらいが無きにしも非ず ・ ・ だった。

「だった」と言うのは過去形だ。何故なら、もう、不用意にポカンとした顔はしないのだ。

だから、最初から最後まで、どの場面を抜いても表情が決まっている。ほとんど真上からのアングルでさえ綺麗 ・ ・ ・ とまで言ってはヒイキの引き倒しか。いやいや、鼻筋がイイのだ。眞鍋さんの顔を最終的にまとめ上げているのが、あの三角形の鼻筋。顔立ちの基調が三角なのであの鼻が効くのだ。あの顔に団子っ鼻ではブスである。

頬紅の効いたメイクも決まっていて、生き生きとした表情を引き立てる。声にも張りがあって、態度やリアクションもイイ。こうなると何もかもが上手くいって、無敵を思わせるほど。

惜しむらくは、せっかく立ち上がってるのに後姿しか映してくれなかったこと (最近、よく立ち上がってくれるので、遠目にも「ア、いたいた」と分かって有り難い) 。でも、腰に手を当てた後姿は十分、カッコ良かった ・ ・ って、さすがにこれは、ヒイキの引き倒しか?

新生眞鍋さんは、チューンアップされたツインカムエンジンみたいにレスポンシブルでパワフルだ。唯一の不安材料は耐久性か?( 無理はしないで欲しいけど) 。

 

*:「さんま御殿」を観たら、顔はキマッていたけど、それ以外はスキだらけだった。首が前に倒れたり、膝が開いたり ・ ・ まぁ、その方が眞鍋さんらしいんだけど、スカート穿いて欲しいから膝は閉じてくれた方が嬉しい。

 ・ ・ それと、さすが、笑いのカリスマは、他のメンバーとは一味違う眞鍋さんの機知を把握していると感じた。

|

« 比べる相手を間違えた~ホロヴィッツのこと | トップページ | 「元気を貰う」は本当だ »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッジョブ!新生眞鍋さんの充実振り:

« 比べる相手を間違えた~ホロヴィッツのこと | トップページ | 「元気を貰う」は本当だ »